緑島

アイランド バイブ 

緑島(リュイタオ)ノ歴史

火山の始まり

島はもともと鮮新世と更新世の時代の火山噴火によって形成されました。火山のソレアイト、安山岩、火山の爆発物の破片でできており、その面積は 15 km2 です。それは実際には、深さ約 25 キロメートル (または 16 マイル) で、海洋地殻の下押し圧によって形成されたルソン火山のマグマ弧の一部です。 安山岩には輝石と角閃石の結晶が含まれており、目に見えるものです。島の岩石の地球化学は、カリウム、ストロンチウム、ルビジウム、その他の軽希土類元素が豊富であることを明らかにしています。かつて岩に存在していたクロムとニッケルは、今では枯渇しています。 

 

"緑島"(リュイタオ)の名前の起源については

島の名前には興味深い歴史があり、もともとこの島には先住民のアミ族が住んでいたので、サンナサイと名付けられました。その後、19世紀と20世紀には、緑島はサマーサナ、サマサンナという名前で知られていました。マンダリンの発音のピンインのローマ字化では、Lüdao または Lü Dao として知られています。ウェード・ジャイルズのローマ字化ではル・タオと名付けられ、福建語の発音ではレクトーとして知られている.1949 年以前は、中国人はこの島「火焼(フェオショウ)」呼ばれている。 緑島(リュイタオ)という名前は、1949 年 8 月 1 日に、当時の台東行政官であった黃式鴻(フゥァン-シホン) の命令により、中華民国によって正式に採用されました。元来は「火焼島」と称されていたが、これから「緑島」と改称された。緑島(リュイタオ)書き方は「綠島」、意味がその字面通して「緑」と「島」現在は、海外観光客もよく「グリーンアイランド」を呼ぶ、理解して覚えやすい。

白色テロ時代

戦後は、1949年台湾国民政府による白色テロと呼ばれる恐怖政治下で戒厳令が敷かれ、緑島には政治犯収容を目的とした教育施設と監獄が置かれ、一般市民の渡航は制限された。設置された2つの施設のうちひとつは、思想改造及び再教育を目的とした「新生訓導処」で1951年から1965年まで設置されていた。1980年に戒厳令が解除されると、台湾でのレジャーブームにより緑島への観光客が増加しつつあり、観光業を中心とした発展を見て現在に至っている。新生訓導処と緑州山荘国防部緑島感訓監獄を含む区域が緑島人権文化園区に整備され、2003年に「人権記念公園」が設置されている。